医薬部外品物流の解決事例:関東に倉庫を構えて配送リードタイムを短縮したい!

0800-555-8925

お問い合せ

採用情報

HOME >医薬部外品物流の解決事例:関東に倉庫を構えて配送リードタイムを短縮したい!

医薬部外品物流の解決事例
関東に倉庫を構えて配送リードタイムを短縮したい!

医薬部外品メーカー N社様

関東進出もスムーズに。
ビジネスが拡大し、売上が増えました。

弊社は九州にある医薬部外品メーカーで、主にチェーンストア向けで卸業者への出荷と個人向けでECでの販売を行っています。
その中で、特に関東・東北方面への配送リードタイムがネックとなっており、以前から関東進出の話が出ていましたが、
自社で関東に物流拠点を持つのは場所・人・時間・業許可取得等の観点から難しいと感じていました。

HPを拝見して問い合わせたところ、会社案内だけでなく運用に関しての提案があったり、品質への取り組みを詳細に説明してくれたので安心できました。これなら任せられるなと思い、フェイバリットさんに具体的な相談させて頂きました。 今では本当に感謝しています。とりあえず動いてみるものだな、と反省しきりです。
引き続き、よろしくお願いいたします。

男の人

医薬部外品メーカー N社
生産工場長様

>>医薬品部外品物流のその他の作業事例はこちら
>>医薬品物流はこちら
>>化粧品物流はこちら

知っていましたか?医薬部外品の包装、表示、保管作業には製造業許可が必要です!

医薬部外品の包装・表示・保管の作業を外部に委託する場合は、医薬品医療機器等法に基づく「製造業許可」を取得している業者でなければなりません。
医薬品医療機器等法では、医薬部外品を包装・表示・保管する行為も製造工程の一部と位置づけています。

医薬部外品物流の品質への取り組み : QMS体制の品質で管理運営

フェイバリットは10000種類を超えるパーツを取り扱ってきました。その中で培ってきたセット組・ラベル貼付・保管管理・梱包等の技術やノウハウを活かし、薬事対応が必要な化粧品物流・医薬部外品物流に対応しております。専門特化だからこそ、できる提案やサービス品質があります。

>>医薬部外品物流の品質への取り組み詳細はこちら

作業内容紹介

委託業務概要

全体フロー 東京メディカル物流センター 作業フロー

サービス内容

入荷

製品特性を考慮し、物品の積みおろしや仕分け等の作業にも細心の注意を払います。

製品検査

破損や不良がないか、人の目で丁寧に検品していきます。

製造(包装)

万全のセキュリティと衛生管理により、安心して化粧品の包装作業もお任せいただけます。

製造(表示等)

法定表示やラベル貼付の他、能書の封入にも対応いたします。

保管

医薬品医療機器等法に対応しているので、製品の一時保管や温度管理も徹底した管理下で行います。

出荷

出荷の梱包から配送まで、荷役と同様に丁寧な作業を徹底しています。

>>医薬部外品物流のサービス内容詳細はこちら

倉庫紹介

東京物流センター(本社営業所)

facility_image01
倉庫名 東京物流センター(本社営業所)
住所 東京都昭島市武蔵野2-21-1
連絡先 Tel 0800-555-8925
Fax 042-843-8446
床面積 1階 220坪
2階 150坪
薬事
許可等
化粧品製造業(包装・表示・保管)
医薬部外品製造業(包装・表示・保管)
特徴 セキュリティ
冷蔵保管
定温保管
空調対応

>>その他の倉庫についてはこちら

サービスとメリット

フェイバリットのメディカル物流サービスに物流の一部をアウトソーシングすることで以下のメリットが受けられます。

  • 医薬部外品の流通・物流における取扱いを熟知した責任技術者が常駐し、品質を高く維持します。
  • 医薬部外品の輸入通関後は、商品を弊社倉庫に搬入し、そこからの配送が可能になります。
  • 法定ラベルの貼付、添付文書の封入などに対応致します。
  • わずらわしい少量多品種の各種流通加工も請け負います。
  • 弊社をご利用いただくことで申請の手間が省け、倉庫拡張が容易にできます。
  • 業務改善・拡大を行う際に、「システム構築」や「責任技術者の配置」等にかかるコストを削減できます。
  • 物流業務をアウトソーシングすることでコア業務に集中することができます。

※出荷判定については、製造販売業者様と個別に相談させていただきます。
※弊社で扱うことが出来ない商材は、パートナー企業をご紹介いたします。

各種事例も掲載しておりますので、詳しくは下記をご覧ください。

弊社 担当からのメッセージ

主に染毛剤やパーマネント・ウェーブ用剤といった美容院で使用する製品の製造を手がけるメーカーさんからのご相談でした。含有する成分的に医薬部外品に当たる物も製造なさっていて、関東での流通網の構築をしたいとのことでした。

関東の流通網に明るく、薬事対応もしている倉庫委託の会社はまだまだ少ないのではないでしょうか。
実際に「ただなんとなく」という理由で、関東進出を後回しにするケースも多いようです。

進出の可能性そのものからお見積もりまで、
いつでもご相談いただけますのでお気軽にお問い合わせください。

担当:田部

薬事対応物流会社の選び方マニュアル
お問い合せ・ご相談はお気軽にご連絡ください!00-0000-0000

メールでのお問い合わせはコチラ

物流コンシュルジュへ相談

お申し込みはコチラ


サービス事例

ブログ

お取り扱いできる製品について

作業内容紹介

倉庫紹介(BCP対応)

役立つマニュアル無料ダウンロード

Q&A

会社概要

医療機器物流

化粧品物流

医薬品物流

体外診断用医薬品物流

医薬部外品物流