化粧品及び医薬部外品物流の品質への取り組み

042-843-8445

お問い合せ

採用情報

HOME >化粧品及び医薬部外品物流の品質への取り組み

高まる品質へのニーズ

QMS省令及びISO13485、BCP対応への関心・ニーズが高まり、多方面からお問い合せを頂いております。
フェイバリットは首都圏を中心に薬事倉庫を保有し、大手メーカー様の医療機器、化粧品、医薬品など厳しい管理が必要な製品を取り扱っています。医薬品医療機器等法についてわからないことがあれば、メディカル物流のプロにおまかせください。

化粧品物流及び医薬部外品物流:QMS体制の品質で管理運営

フェイバリットは10000種類を超えるパーツを取り扱ってきました。その中で培ってきたセット組・ラベル貼付・保管管理・梱包等の技術やノウハウを活かし、薬事対応が必要な化粧品物流・医薬部外品物流に対応しております。専門特化だからこそ、できる提案やサービス品質があります。

 品質方針品質方針品質方針の他、品質目標を制定し、毎月の品質会議でレビューを行っています。
 品質マニュアル品質マニュアル品質マニュアル等の文書・記録は品質保証室によって管理され、適宜更新を行っています。
 温度管理温度管理高温多湿を避けるために適宜温度を確認いたします。
 WMS(倉庫管理システム)WMS(倉庫管理システム)在庫管理の他、ロット管理を行います。
 製造作業製造作業帽子・手袋・制服を着用し、製造時の毛髪混入等を防止しています。
工程内巡回、5S巡回工程内巡回、5S巡回品質保証室による定期巡回で、ルールの逸脱がないかを監視しています。

医薬品医療機器等法への対応について

医薬部外品製造業許可(包装・表示・保管)

化粧品製造業許可(包装・表示・保管)

定期的な品質管理教育、全従業員参加型の改善活動などの豊富な教育プログラムを実施することで、品質の維持・向上に取り組んでいます。

化粧品製造業許可

医薬部外品製造業許可

倉庫会社選びは慎重に

様々な医療機器、化粧品、医薬部外品、体外診断用医薬品の物流に関するご相談をお聞きしていると、なかなか現状の物流品質では満足いっていない事が多いように感じます。事実、我々にご相談いただく8割以上の企業は「もっと丁寧に商品を取り扱ってほしい。薬事対応をしっかりとしてほしい」という言葉を口にします。現在おつきあいしている倉庫会社様が決して悪いわけではありません。ただ1つ言えることは「専門的でない」という恐れがあるという事です。
フェイバリットでは、これまでの「メディカル物流サービス」で培ってきた経験とノウハウを活かし、お客様に最適なご提案とサービス、更に安心感という付加価値の提供をいたします。物流会社の選定をただ見積もりが安かったりするだけで決めてはいけません。自社が本当に欲しいものを提供してくれる会社に重きを置いて選定するのがいいでしょう。

少量多品種商品の管理やセット組、出荷に対応できない!

化粧品物流事例

関東に倉庫を構えて配送リードタイムを短縮したい!

医薬部外品物流事例

倉庫紹介

東京物流センター(本社営業所)

倉庫名 東京物流センター(本社営業所)
住所 東京都昭島市武蔵野2-21-1
連絡先 Tel 0800-555-8925
Fax 042-843-8446
床面積 1階 220坪
2階 150坪
薬事
許可等
化粧品製造業(包装・表示・保管)
医薬部外品製造業(包装・表示・保管)
特徴 セキュリティ
冷蔵保管
定温保管
空調対応

>>その他の倉庫についてはこちら

作業内容紹介

薬事対応物流会社の選び方マニュアル
お問い合せ・ご相談はお気軽にご連絡ください!00-0000-0000

メールでのお問い合わせはコチラ

物流コンシュルジュへ相談

お申し込みはコチラ


サービス事例

ブログ

お取り扱いできる製品について

作業内容紹介

倉庫紹介(BCP対応)

役立つマニュアル無料ダウンロード

Q&A

会社概要

医療機器物流

化粧品物流

医薬品物流

体外診断用医薬品物流

医薬部外品物流