【各種業許可取得 薬事対応大和センター開設1周年】2022年7月度メディカル物流ニュース|薬事物流ならフェイバリット

株式会社フェイバリットのメディカル物流サービス

薬事物流サービス第1位
薬事物流サービス第1位
日本マーケティングリサーチ機構調べ
調査概要:2020年1-2月期
ブランド名のイメージ調査
ISO13485
JQA-MD0138
東京メディカル物流センター
免疫分析装置の保守部品
における物流サービス
プライバシーマーク ホワイト企業認定

お問い合せ

採用情報

0800-555-8925
HOME > ブログ > 【各種業許可取得 薬事対応大和センター開設1周年】2022年7月度メディカル物流ニュース

ブログ

2022/07/26

【各種業許可取得 薬事対応大和センター開設1周年】2022年7月度メディカル物流ニュース

フェイバリットニュース

各種業許可取得 薬事対応大和センター開設1周年

大和センターは2021年の6月に薬事対応物流センターとして開設しました。皆さまのおかげで事故もなく1周年を迎える事ができ本当にありがとうございます。今回は改めて大和センターを紹介させていただきます。

大和センターは下記業許可を取得し運用をしています。

【製造業許可】
①医薬品製造業 ⑦動物用医薬品製造業 ④体外診断用医薬品製造業
⑨化粧品製造業 ③医薬部外品製造業

【販売業許可】
②医薬品卸売販売業 ⑧動物用医薬品卸売販売業
⑥高度管理医療機器等・貸与業

上記業許可取得により幅広い業務をおこなう事が可能なセンターとして稼働しています。
特に最近多くお問い合わせをいただいているのが抗体検査キットの製造、保管案件になります。国が承認をした医療用の抗体検査キットは体外診断用医薬品製造業を取得していないと扱う事ができませんので大和センターへ多くご相談をいただいています。

業務内容は海外で製造をした部材を入荷後セット組をおこない指定数量を箱詰めし保管となります。単純な作業と感じるかもしれませんが医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第23条の2の3第1項の規定により登録を受けた製造業者でなければできませんので大和センターは多くの皆さまより多大な信頼をいただいています。

現在、大和センターは空きスペースも少なくなっています。
早めのご相談をお待ちしております。

フェイバリット トピックス

ダイバーシティ&インクルージョンの取組

皆さんはダイバーシティ&インクルージョンという言葉をご存じでしょうか。ダイバーシティ&インクルージョンとは「多様性」を意味するダイバーシティと「受容」「包括」を意味するインクルージョンを合わせた言葉で「多様性を受け入れ認め合い、それぞれの良い部分を生かしていくこと」を意味しています。フェイバリットではイノベーションを推進、組織の活性化のため女性管理職の登用を積極的におこない多様な視点をサービスに活用する取り組みをおこなっています。

こんな問い合わせいただいております

問い合わせ内容:医薬品のEC通販物流代行

最近ですが、一般医薬品(OTC医薬品)のEC通販を行う為、その物流業務を代行してほしいというお問い合わせを多数頂いております。
EC通販の対応は可能で、入出庫作業はもちろんのこと、保管は薬機法に沿った場所をご用意させて頂き、必要な設備も当社でご用意出来ます。医薬品店舗販売業許可の取得も申請に必要な書類の準備や掲示物、薬剤師手配も含め支援させて頂きます。
ECカートとWMSのAPI連携や、コールセンターの対応もお任せ下さい。お客様には販促業務に注力頂けるよう、お手間の掛からぬように配慮させて頂きます。

医療用医薬品の取り扱いも可能です。

同じように多い医療用医薬品の保管管理についても対応は可能です。設備面で調剤室の設置が必要になりますので、当社で用意させて頂きます。
医薬品の物流業務でお困りの事がございましたら、一度当社へご相談下さい。

担当者からの一言

6月頃より新型コロナ感染者数も減少し少しずつですが以前の生活を取り戻しつつあります。とは言え新型コロナが流行したこの2年半の間に働き方の変化やECサイトでの購入が増えた事で物流が増加したり抗体検査キットが身近になったりと新型コロナがもたらした影響はいたるところに表れています。私たちフェイバリットではECサイトと連携した出荷業務や抗体検査キットのセット組等、社会に貢献できる業務をおこなっていますので何なりとご相談下さい。

フェイバリット 大和センター 吉原一志

精密機械部品物流

ブログ

お取り扱いできる製品について

作業内容紹介

倉庫紹介(BCP対応)

役立つマニュアル無料ダウンロード

Q&A

ISO13485

クライト

福利厚生について