株式会社フェイバリットは、東京都昭島市に本社を持ち、メディカル物流サービスを展開する会社です。

042-843-8445

お問い合せ

HOME > ブログ > RoHS指令~医療機器・化粧品・医薬部外品・医薬品の物流・倉庫・流通加工ブログ~

ブログ

2016/02/01

RoHS指令~医療機器・化粧品・医薬部外品・医薬品の物流・倉庫・流通加工ブログ~

東京メディカル物流センターの佐藤です。
暖冬から一転して寒い冬がやってきました。
皆さん如何お過ごしですか。
東京では木々の芽も膨らんできています。
暖かくなるまでもう少しかかりますが、お体には十分気をつけてください。
今回は、RoHS指令についてお話しさせて頂こうと思います。
というのも、東京メディカル物流センターで扱っている医療機器類、特に体外診断用医療機器について、RoHS指令が施工されるのが2016年7月22日。
もうすぐなのです。

 

RoHS指令( ろーずしれい、ろーすしれい)
Restriction of the use of the certain Hazardous Substances in electrical and electronic equipment.

(電気電子機器の特定有害物質使用規制)の略です。
コンピュータや通信機器、家電製品などで、有害な化学物質の使用を禁止(制限)するEU指令です。
欧州連合(EU)28カ国で2003年2月13日発効、2006年7月施行されました。
地球環境破壊や人の健康に害を及ぼす危険を最小化することを目的としています。

RoHS対象物質は以下の6物質
鉛 :1,000ppm以下
水銀 :1,000ppm以下
カドミウム :100ppm以下
六価クロム :1,000ppm以下
ポリ臭化ビフェニル (PBB) :1,000ppm以下
ポリ臭化ジフェニルエーテル (PBDE) :1,000ppm以下

 

これらを規定数量以上含有している製品等をEU加盟国へ輸出すると法的罰則を受けることになります。

含有か非含有かはお客様の調査によりますが、物流センターとしては混載しない為の識別管理と、確実な貿易管理が必要です。

万が一輸出事故を起こしてしまったら、法的罰則に留まらずユーザー様やエンドユーザー様にも多大な損害を与えてしまう事にもなりかねません。
しかし、東京メディカル物流センターから海外に出荷される製品は、正しい輸出管理が行われていますのでご安心ください。

お問い合せ・ご相談はお気軽にご連絡ください!00-0000-0000

メールでのお問い合わせはコチラ

物流コンシュルジュへ相談

お申し込みはコチラ

役立つマニュアル無料ダウンロード

フェイバリットのメディカル物流サービスとは

医療機器事例

化粧品事例

医薬外部品事例

体外診断用医薬品事例

お取り扱いできる商品について

作業内容紹介

倉庫紹介(BCP対応)

Q&A