ISO13485:2016について ~医療機器の物流・倉庫・流通加工ブログ~ | フェイバリットのメディカル物流サービス

042-843-8445

お問い合せ

HOME > ブログ > ISO13485:2016について ~医療機器の物流・倉庫・流通加工ブログ~

ブログ

2016/03/15

ISO13485:2016について ~医療機器の物流・倉庫・流通加工ブログ~

皆さん、こんにちは。 木下 です。

気温も上がり、地元では早咲き桜?がチラホラと咲き始めてました。

春がすぐそこまで来てるんですね。

ただ、花粉症の方々は辛い季節でもあるんでしょうね。

私の家族も私以外はみんな花粉症です。

周りの友人も花粉症が多く、何故か世間に取り残されたような感覚にもなります。

 

さて、今回はISO13485の情報です。

みなさんご存知の通り、医療機器の品質保証のための国際標準規格です。

2016年3月1日付でISO13485:2016が発行されたようです。

現行の2003年度版から 12年ぶりの改定となりますね。

これから今後3年間の移行期間に入ります。

改訂版の全体の構成は、従来の2003年版と変わりなさそうですが、

バリデーションや設計開発の要求が強化され、より実質的な管理を求める

ものとなりそうです。

今回の改定の概要

・製品の開始から終わりまでのライフサイクルに係る組織を含む規格の適用性の拡大

・クレーム処理を含む市販後マーケットサーベイランスの強化

・リスクマネジメントの強化

・特に滅菌された医療機器の製造に関する適切なインフラストラクチャーの実装に

対する協調

・ライフサイクル中において要求事項を満たすことを確実にする。

・規制要求事項との調和

・QMS全体を通してのリスクマネジメント妥当性確認、検証、および設計の活動に

関するさらなる明確化

・サプライヤーの管理プロセスの強化

・フィードバックの仕組みに関する更なる協調

・QMS、製造プロセス、および医療機器のためのソフトウェア

 

ただし、邦訳版の発売は4月中旬の予定のようなので、それまではネット上から情報収集し、

準備していきます。

 

これからも品質向上に邁進しながら、生産性との両立も追及していく所存です。

 

医療機器はもちろん、化粧品・医薬部外品も 是非 東京メディカル物流センターに

お声かけお願い致します。

 

 

——————————————————————————————————————————–

東京メディカル物流センターでは医療機器・化粧品・医薬部外品・医薬品に関するさまざまな

サービスを提供させていただいております。

併せてこちらのページもご覧ください。

東京メディカル物流センターとは・・・ページを開く

東京メディカル物流センター拠点紹介・・・ページを開く

解決事例①:精密機器なので高い作業品質を保ってもらいたい!・・・ページを開く

解決事例②:少量多品種商品の加工や出荷に対応できない!・・・ページを開く

解決事例③:関東の拠点として、薬事対応倉庫を首都圏におきたい!・・・ページを開く

解決事例④:薬事対応した倉庫を自社で持つにはコストが莫大に!・・・ページを開く

お問い合せ・ご相談はお気軽にご連絡ください!00-0000-0000

メールでのお問い合わせはコチラ

物流コンシュルジュへ相談

お申し込みはコチラ

役立つマニュアル無料ダウンロード

フェイバリットのメディカル物流サービスとは

医療機器事例

化粧品事例

医薬外部品事例

体外診断用医薬品事例

お取り扱いできる商品について

作業内容紹介

倉庫紹介(BCP対応)

Q&A