【溶けて消える医療機器??】2021年4月度メディカル物流ニュース|薬事物流ならフェイバリット

株式会社フェイバリットのメディカル物流サービス

薬事物流サービス第1位
薬事物流サービス第1位
日本マーケティングリサーチ機構調べ
調査概要:2020年1-2月期
ブランド名のイメージ調査
ISO13485
JQA-MD0138
東京メディカル物流センター
免疫分析装置の保守部品
における物流サービス
プライバシーマーク ホワイト企業認定

お問い合せ

採用情報

0800-555-8925
HOME > ブログ > 【溶けて消える医療機器??】2022年4月度メディカル物流ニュース

ブログ

2022/04/18

【溶けて消える医療機器??】2022年4月度メディカル物流ニュース

フェイバリットコラム ~医療機器編~

溶けて消える医療機器??ノースウエスタン大学で研究開発されたペースメーカーが凄い!

みなさんこんにちは!株式会社フェイバリットの田部です。いつもご覧頂きありがとうございます。ご存じの事とは思いますが、弊社では医療機器、医薬品関連の製品をお客様からお預かりし、荷受け・保管管理・発送などを代行しています。

どのような製品なのか、希望される運用方法をお聞きし、品質・コスト・納期や必要な対応をお打合せした上で業務を開始しております。この物流という業界において、薬事系を得意としていますので、業界の動向や話題など、知見を高める意味も含め情報を収集しております。

少し前の事ですが、「溶けて消える医療機器」という記事を目にしました。消えて無くなるとはどういうことなのか、面白い内容でしたのでご紹介したいと思います。

医療機器の一つに「ペースメーカー」があります。ペースメーカーの役割は、徐脈性(脈が遅くなる)不整脈がある方の体内に埋め込み、心臓の不整脈を24時間監視し、患者様の心臓リズムを整える必要がある場合に電気信号を送って治療をするというものです。慢性的な不整脈の治療には、ペースメーカーを埋めたままにしますが、一時的な治療として用いる場合、取り出す際の出血や感染症を起こしてしまうなど命の危険にさらされる危険性があります。

昨年、アメリカ合衆国のノースウエスタン大学で研究開発されたペースメーカーが「心臓の表面に取り付け、一定期間で溶けてなくなる」という物でした。機械なのに溶けて無くなり体に害がないなんで驚きです。
治療をした後体内に取り込まれるので電子医薬品とも言われています。臨床試験はこれから行われますので、わたしたちが実際に治療をうけられるのはまだ先の話ですが、心臓以外の臓器治療にも応用できる可能性があるそうです。

一般的なペースメーカーは、本体があり体内に埋め込まれます。そこにリードと呼ばれる細い線が繋がっており、静脈から心臓の心室まで通します。本体の大きさは4~5cmで厚みが5mmと大きいです。一方溶けるペースメーカーは大きさが1.3㎝で薄く出来ています。とても小さいです。一時的な治療に限定されますが、体内を傷つける恐れのある機械類を装着せず治療できるのは患者様の負担を大きく軽減できますね。

当社の物流も、品質、コスト、納期対応力を重要視し、お客様に負担となることなく、メリットを感じて頂けるサービスとなるよう取り組んでいます。お客様にだけでなく、働く従業員にも余計な負担をかける事が無いように、やりがいをもってもらえるような取り組みを行い、会社の内側から物流品質、サービスの向上を図っています。

医療機器や医薬品以外にも化粧品や医薬部外品、精密機器の取り扱いも得意としております。グループ会社や協力会社との連携で、お客様のご要望に幅広く対応できる体制となっております。

フェイバリットの良い話コーナー

ミスゼロを称える。素晴らしい功績の見える化。

当社では、ミスや事故を抑制するための施策を講じています。各拠点でミス事故が無いようにしている中、弊社業務管理部では数か月間ミスゼロを達成しています。お客様にとって最良な事ではありますが業務を行っている方々を称え、下記の掲示をしています。

私たち物流企業は人が主本となります。日々業務を行う中で、自らのモチベーションを高め、物流サービスの維持向上を図っていますが人間だれしも毎日同じ状態ではありません。落ち込んだりイライラしたりします。

その中でも自分を称えてくれる物があると気分も良くなり良い仕事に繋がります。
ちょっとした事かもしれませんが、こういった事を大事に考えています

担当者からの一言

私は自らのモチベーションを上げるため、休日は出来る限りアクティブに動くようにしています。
夏は大好きな山登りに行ったり、冬は更に好きなスキーやスノーボードをして楽しみます。平日はしっかり働き、休日は好きな事をして過ごす、これが私のルーティーンです。

好きな事をしていると、同じ趣味嗜好の方と知り合い友達になったりします。SNSもやっているのでインスタグラムやフェイスブック、ツイッターで色々な方と話をしたり、情報を得たり、逆に情報を発信したりします。仕事とは関係ないようにも感じられるかもしれませんが、今は情報社会です。裏には仕事に繋がることもあり、ひらめきやアイデアをくれる時もあるんです。

このニュースレターを執筆するにも、SNSが役に立ちます。どう書いたら伝わるのか、共感されるのかの勉強になりますし、皆様に楽しんで頂けていたら嬉しいです。

業務推進グループ 田部

精密機械部品物流

ブログ

お取り扱いできる製品について

作業内容紹介

倉庫紹介(BCP対応)

役立つマニュアル無料ダウンロード

Q&A

ISO13485

クライト

福利厚生について