【医薬部外品とは?当社が提供する薬事物流サービスのポイント】|薬事物流ならフェイバリット

株式会社フェイバリットのメディカル物流サービス

薬事物流サービス第1位
薬事物流サービス第1位
日本マーケティングリサーチ機構調べ
調査概要:2020年1-2月期
ブランド名のイメージ調査
ISO13485
JQA-MD0138
東京メディカル物流センター
免疫分析装置の保守部品
における物流サービス
プライバシーマーク ホワイト企業認定

お問い合せ

採用情報

0800-555-8925
HOME > ブログ > 【医薬部外品とは?当社が提供する薬事物流サービスのポイント】2021年1月度メディカル物流ニュース

ブログ

2022/01/15

【医薬部外品とは?当社が提供する薬事物流サービスのポイント】2021年1月度メディカル物流ニュース

物流コラム ~医薬部外品~

医薬部外品とは?当社が提供する薬事物流サービスのポイント

みなさんこんにちは!株式会社フェイバリットの鈴木です。
弊社では医薬品、化粧品、医薬部外品、動物用医薬品の物流業務をお客様から委託され業務を行っています。

今回はその業務の中のジャンルの一つにあります「医薬部外品」に該当する製品についてお話をさせて頂きたいと思います。
医薬部外品とは、薬効成分が含まれているが、効き目がゆるやかで弱めのものの為、医薬品ではないものとして厚生労働大臣が指定した物です。医薬部外品は、薬事法改正前の呼び名が指定医薬部外品と言われており2009年6月薬事法改正施行後に医薬品から医薬部外品となりました。

主な製品は下記のものが該当します。

  • ・うがい薬
  • ・整腸剤、ビタミン剤、ドリンク剤など
  • ・入浴剤、ヘアカラー剤、育毛剤、制汗剤など
  • ・殺虫剤 (防除用医薬部外品)
  • ・薬用化粧品、薬用シャンプー、薬用クリーム

薬用化粧品やシャンプー、クリームは化粧品と同じように販売されていますが、法律上は化粧品とは異なります。
具体的に医薬部外品とは、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されています。治療というよりは[防止・衛生]を目的に作られています。

例えば、この季節によくある症状として肌荒れ・荒れ性やニキビ予防や日焼けによるシミ・ソバカス予防・皮膚の殺菌などの効果のある有効成分が配合されている物が医薬部外品に含まれております。
化粧品と医薬部外品の違いをざっくりお伝えすると、厚生労働大臣に認可された製品かどうかです。認可を受けた場合の違いは以下の通りです。

  • ・医薬部外品 ⇒ 厚生労働省に認可されれば効果・効能を表示することが出来る。
  • ・化粧品 ⇒ 効果・効能を表示することは出来ない。

二つに共通する事は「治ります」という表現は謳ってはいけないという点です。
弊社では、神奈川県大和市に株式会社フェイバリット大和センターを開設致しました。
医薬部外品製造業許可も取得しておりますので製品の入出庫保管業務以外にも、表示ラベルの貼付や、箱詰め袋詰め、複数製品のセットアップなども出来ます。

又、当社では、お客様に対し、品質、コスト、納期・対応力の面でご納得頂けるよう、お受けした業務に最大限の配慮をし運用致します。受注となった案件に対し、下図の3つのステップで業務内容の確認と課題抽出・改善を行い、運用を行います。

改善が必要な場合には、お客様のニーズを満たし、且つコストメリットのある方法をご提案させて頂きます。
物流業務の委託をご検討でしたら是非フェイバリットへご相談下さい。

フェイバリット品質保証コーナー

作業場所の工程巡回のご紹介

品質保証室では、週一回工程巡回を実施しております。
主要センターとして5センター巡回しております。ここで工程巡回をどのように行っているかご紹介致します。
まず曜日を原則金曜日と設定して巡回を行います。次に巡回日を金曜日に設定している理由として、より多くの記録(一週分)を確認できるためです。

確認する内容として、記録類と作業環境(作業者の動態チェックも含む)チェックを行います。記録のチェックを行う際に、品質保証室で設定した工程内巡回記録シートを基に実施します。記録シートには、製品に関連する記録から作業環境(設備・機械関係等)に関わる記録をチェック致します。

巡回を実施する際に、心掛けている事として記録チェックの抜けを発見する事が当然重要ですが作業者と会話し作業状況を確認できる重要な場だと認識して業務を行っております。

担当者からの一言

明けましておめでとうございます。本年も昨年同様宜しくお願い致します。
新たなる変異株が流行っており終息が見えておりませんが、当社では感染対策に対して一丸となって取り組んでいます。

例えば、テレワークの実施や、WEB会議等で遠方の方々と打ち合わせを行うなどしております。
私が行っている業務は、品質を保証する重要な業務です。感染対策と同様に、事前にリスクを抽出して未然に防ぐという業務内での対策を重要視しております。ソーシャルディスタンスが世の中の支流となっておりますが、作業を行っている担当者とコミュニケーションをとるかがリスク抽出の鍵と思っています。

世の中のビジネススタイルを上手く取り入れながら私のポリシーであるコミュニケーションも大事にして業務を行って参ります。

品質保証室 鈴木

精密機械部品物流

ブログ

お取り扱いできる製品について

作業内容紹介

倉庫紹介(BCP対応)

役立つマニュアル無料ダウンロード

Q&A

ISO13485

クライト

福利厚生について