歯科用医療機器の管理・出荷について | フェイバリットのメディカル物流サービス

株式会社フェイバリットのメディカル物流サービス

ISO13485
JQA-MD0138
東京メディカル物流センター
免疫分析装置の保守部品
における物流サービス
プライバシーマーク 健康経営優良法人 健康優良企業

お問い合せ

採用情報

0800-555-8925
HOME > ブログ > 歯科用医療機器の管理・出荷について

ブログ

2020/12/16

歯科用医療機器の管理・出荷について

皆さんこんにちは、業務管理グループの上野です。

本日はお客様から依頼を頂き、日々行っている、
歯科用医療機器の管理・出荷についてご紹介いたします。

保管の温度管理条件として-10度~+25度の保管条件になっております。
そのため当社では温度設定を+20度設定にして+25度を超えないようしています。
また、製造ではお客様指定の製造番号のラベルを発行し、
製品に張り付けロット管理を行っています。
一部の入庫した製品はシュリンクも行っています。
シュリンクした際、穴が開いていないかのチェックを行います。
有効期限がある製品については月1回確認し、該当製品はお客様へ返送しています。

それでは出荷作業の流れをご紹介いたします。

1.出荷指示データの加工とクライト(WMS)へのデータ取り込み

20201210_01

お客様からメールで送付いただいた出荷指示データを変換してWMSに取込みます。

20201211_01

2.出荷先ごとに丁合

20201210_02

クライト(WMS)から納品書・ピッキングリストを印刷し、ヤマトB2の連携ファイルから送り状を出して1件ごとに揃えます。

3.ピッキング・検査

20201210_03

クライト(WMS)で印刷を行ったピッキングリストを元にピッキングを行います。
また、検査はピッキングとは別の者が担当し検査書に記載を行います。

4.梱包

20201210_04
検品が終わった後、梱包を行います。

5.出荷

20201210_05
梱包のチェックシートに記載をした後、外観検査をして出荷待ちの場所に置きます。

フェイバリットでは今回ご紹介しました医療機器の保管・発送だけでなく、
化粧品や医薬品などのセットアップも含め製品の保管や発送等の薬事物流に対応しております。
医療機器、医薬品、化粧品、医薬部外品、体外診断用医薬品など薬事対応が必要な
製品の保管発送業務や加工業務でお困りでしたら是非フェイバリットへご相談下さい。

医療機器事例

サービス事例

ブログ

お取り扱いできる製品について

作業内容紹介

倉庫紹介(BCP対応)

役立つマニュアル無料ダウンロード

Q&A

ISO13485

クライト

医療機器物流

化粧品物流

医薬品物流

体外診断用医薬品物流

医薬部外品物流

会社概要

福利厚生について