物流のBCP対応~医療機器・化粧品・医薬部外品・医薬品の物流・倉庫・流通加工ブログ~ | フェイバリットのメディカル物流サービス

042-843-8445

お問い合せ

HOME > ブログ > 物流のBCP対応~医療機器・化粧品・医薬部外品・医薬品の物流・倉庫・流通加工ブログ~

ブログ

2016/09/01

物流のBCP対応~医療機器・化粧品・医薬部外品・医薬品の物流・倉庫・流通加工ブログ~

皆さんこんにちは。業務推進室の新渕(ニイブチ)です。

関東は台風が過ぎ、ようやく元の天気を取り戻し、気温も上がりつつあります。

弊社では温度管理を必要とする荷物もお預かりしておりますが、外気の影響を受けないよう

保管場所の環境や空調設定等細かい対応をしております。

 

さて、BCPというと非常に広義の意味になりますが、荷主様目線で物流の観点からお話すると、

台風もあれば震災もある世の中、通常通り荷物を届けられない状態を回避することが一番にあります。

医療機器や医薬品は災害だからといって待ったはかけられません。物を送るための人的力、配送手段、

ガソリンなどの消耗エネルギーの確保は必須事項となります。

温度管理についても同様で、空調設備は当然電機を必要としますので停電時には自家発電装置も必要となります。

 

東京メディカル物流センターでは、自社配送網と提携のガソリンスタンドを、倉庫には自家発電装置を配備

することでそれらに対応しています。もちろん実績もあります。

詳細はコチラ→http://fv-tmlc.com/facilities/

 

近所のスタッフが大勢ですので、人的力には困りません。

キャプチャ

他にも設備は様々ございますので、是非一度、倉庫をご覧になってみてはいかがでしょうか。

お気軽にお問い合わせください。

 

—————————————————————————————————-

東京メディカル物流センターでは医療機器・化粧品・医薬部外品・医薬品に関するさまざまな

サービスを提供させていただいております。

併せてこちらのページもご覧ください。

東京メディカル物流センターとは・・・ページを開く

東京メディカル物流センター拠点紹介・・・ページを開く

解決事例①:精密機器なので高い作業品質を保ってもらいたい!・・・ページを開く

解決事例②:少量多品種商品の加工や出荷に対応できない!・・・ページを開く

解決事例③:関東の拠点として、薬事対応倉庫を首都圏におきたい!・・・ページを開く

解決事例④:薬事対応した倉庫を自社で持つにはコストが莫大に!・・・ページを開く

お問い合せ・ご相談はお気軽にご連絡ください!00-0000-0000

メールでのお問い合わせはコチラ

物流コンシュルジュへ相談

お申し込みはコチラ

役立つマニュアル無料ダウンロード

フェイバリットのメディカル物流サービスとは

医療機器事例

化粧品事例

医薬外部品事例

体外診断用医薬品事例

お取り扱いできる商品について

作業内容紹介

倉庫紹介(BCP対応)

Q&A