株式会社フェイバリットは、東京都昭島市に本社を持ち、メディカル物流サービスを展開する会社です。

042-843-8445

お問い合せ

HOME > ブログ > 2社監査 ~医療機器・化粧品・医薬部外品・医薬品の物流・倉庫・流通加工ブログ~

ブログ

2016/03/18

2社監査 ~医療機器・化粧品・医薬部外品・医薬品の物流・倉庫・流通加工ブログ~

東京メディカル物流センターの佐藤です。
先日、お客様からISO13485に準拠した形での監査を受けました。
来月にアメリカの企業からお客様が監査を受けるので、その準備ともいえる監査です。
ちなみに、アメリカの医療機器関係での監査と言えば、やはりFDAですよね。
FDA(アメリカ食品医薬品局:Food and Drug Administration)は、米国で販売される食品、飲料、化粧品、医療機器、薬品、放射線機器、獣医動物関係製品を管轄している政府機関です。米国でこれらの製品を販売するには、事前にFDAに適切な通知・登録、もしくはFDAの許可取得が必要となります。違反すると違法行為として罰せられます。FDAは、このような製品の、許可や取り締まりなどの行政を専門的に行っている政府機関というわけです。
今回の監査を担当してくださったのは、日本企業の品質保証部の方です。監査中、時折『外国の方は・・・』という表現をされるときがあり、FDAの監査が弊社に及ぶことを想定しての発言だったと思います。特に識別管理でのカラーリングに関して、外国の方からの“見え方”についてのお話も伺い、参考になりました。
いくつかの改善要求がありましたが、私たちへの期待の現れでもあるので、真摯に受け止めて改善してまいります。
ご指摘ありがとうございました。
今後も、日々改善・努力してまいりますので、よろしくお願いいたします。

 

——————————————————————————————————————————–

東京メディカル物流センターでは医療機器・化粧品・医薬部外品・医薬品に関するさまざまな

サービスを提供させていただいております。

併せてこちらのページもご覧ください。

東京メディカル物流センターとは・・・ページを開く

東京メディカル物流センター拠点紹介・・・ページを開く

解決事例①:精密機器なので高い作業品質を保ってもらいたい!・・・ページを開く

解決事例②:少量多品種商品の加工や出荷に対応できない!・・・ページを開く

解決事例③:関東の拠点として、薬事対応倉庫を首都圏におきたい!・・・ページを開く

解決事例④:薬事対応した倉庫を自社で持つにはコストが莫大に!・・・ページを開く

お問い合せ・ご相談はお気軽にご連絡ください!00-0000-0000

メールでのお問い合わせはコチラ

物流コンシュルジュへ相談

お申し込みはコチラ

役立つマニュアル無料ダウンロード

フェイバリットのメディカル物流サービスとは

医療機器事例

化粧品事例

医薬外部品事例

体外診断用医薬品事例

お取り扱いできる商品について

作業内容紹介

倉庫紹介(BCP対応)

Q&A