メディカル物流通信・製品の温度管理について

042-843-8445

お問い合せ

HOME > ニュースレター > 製品の温度管理について【メディカル物流通信・バックナンバーのご紹介】

ニュースレター

2018/08/24

製品の温度管理について【メディカル物流通信・バックナンバーのご紹介】

メディカル物流通信・製品の温度管理について

温度管理方法

東京メディカルロジスティクスセンターでは、液体系の製品や精密機器 をはじめ、ICなどの電子部品も取り扱っています。

お客さまからの要求 で、温度管理が必要な製品もあります。

30℃以下という比較的緩いご指 定から冷蔵品(2℃~8度)、また-10℃~25℃と上下温度に条件があ る場合もございます。

弊社では、このような温度管理が必要な製品の保 管スペースには、必要に応じデータロガーを設置しています。

毎時の温 度データを定期的に保存しておくことはもちろん、指定温度からが外れそ うになった場合、アラームメールを送信し

対応するこが出来る様になって います。

 

 

東京メディカル物流センター物流改善コーナー

♪じぶ~ん売るなら!Q-UP♪

東京メディカルロジスティクスセンターで は、品質向上や生産効率向上など、年間 のテーマを決め色々な施策を行っていま す。

その中で、各リーダーが今年度行いた いテーマを提出しますが、先日リーダーか らメンバーへのプレゼンを行いました。

自分 のやりたい事を、メンバーに知ってもらい、 一緒に頑張っていこう!というベクトル合 わせと意思統一の狙いがあります。

各リー ダーもやり易くなるでしょうし、メンバーのモ チベーションも上がります。

 

 

こんな問い合わせ頂いております

問い合わせ内容

既存のお客様より、新機種の立ち上げに伴う新規品目の増加や年末で の物量増、また海外への出荷待ち装置も相当量増えており、

現有ス ペースでの保管場所の確保が難しくなるのではないかとご相談を頂きま した。

東京メディカル物流センターからのご提案

複数アイテムの保管場所統合やレイアウト変更などでスペースを確保す る事が可能です。 入出荷量から適正在庫(流動数分析)の

ご提案を行うなど、お客様とご 相談させていただきなら、ご契約のスペースを有効に活用する為のご提 案を考えています。

 

 

担当者から一言

東京では54年ぶりの11月初雪を観測し、そろそろ冬 の装いが始まりました。と同時にあのパチパチの静電 気時期でもあります。

嫌ですねー。でも大丈夫。ちゃ んと静電気対策も万全です。あ!間違えないでくださ い。静電気対策は、人の為ではなく、

あくまで製品の 為の対策です。

 

 

株式会社フェイバリット  佐藤

お問い合せ・ご相談はお気軽にご連絡ください!00-0000-0000

メールでのお問い合わせはコチラ

物流コンシュルジュへ相談

お申し込みはコチラ

役立つマニュアル無料ダウンロード

フェイバリットのメディカル物流サービスとは

医療機器事例

化粧品事例

医薬外部品事例

体外診断用医薬品事例

お取り扱いできる商品について

作業内容紹介

倉庫紹介(BCP対応)

Q&A