042-843-8445

お問い合せ

HOME > ニュースレター > 花粉の飛散予測【メディカル物流通信・バックナンバーのご紹介】

ニュースレター

2018/08/23

花粉の飛散予測【メディカル物流通信・バックナンバーのご紹介】

メディカル物流ニュース・2016年度の花粉飛散予測

今年の花粉は少な目の予報 いよいよ花粉が気になる季節に入りました。2016年度の花粉飛散量は全 国的に例年より少なくなる

見込みです。花粉の飛散は多い年と少ない年が 交互にくる傾向があります。2016年は北海道、西日本が表年、東北、東日 本は

裏年といわれてますがいずれも前年が少な目だったこともあり例年の 70%程度の飛散量になりそうです。少ないといっても風の

強い日、雨の翌日 は一時的に飛散量が高まる場合があり油断は大敵です。花粉症の方は早 めの対策が重要で薬は発症の2週間

前より服用すると効果的です。スギの 場合は1月下旬から対策するようにしてください。 

 

東京メディカル物流センター物流改善コーナー

識別表示~見える化の推進 東京メディカル物流センターでは、シンプルで 誰が見ても分かりやすい倉庫を目指しています。

これまでも通路、棚、マテハン、状態別商品置場 表示等を実施してきました。今回は作業台改善 に取り組み、必要なものしか

置かない、置き場所 を決める等実施しました。 今後も誰が担当しても同じ手順で作業できるよ う作業の標準化、ミスの撲滅を

図っていきます。 こうした効果もあり出荷ミスゼロを更新中です。

 

こんな問い合わせ頂いております。

問い合わせ内容

大阪の医療機器メーカー様より、関東の取扱いが増えてきたため現行 倉庫のキャパシティが不足気味で新たに東京近辺で関東の

配送拠点 設置を検討しているとの相談をいただきました。

東京メディカル物流センターからのご提案

主に福祉機器、用具の製造をされていますが心臓ペースメーカー等クラ スⅣの取扱いもあるとのことでした。弊社では高度管理

医療機器販売業の許可がありますのでクラスⅣの取扱いが可能であること、都下にあり関 東圏、東北エリアへの配送拠点として

優位な立地にあること等ご案内さ せていただいております。 

 

担当者からの一言

今年は暖冬という予報が出ていますが、先日東京 で初雪を記録するなど急速に冷え込んできました。 インフルエンザも発症数が

上がってるそうですが体 調にお変わりはありませんか?東京メディカル物流 センターは365日24時間空調完備で寒さ知らずで 快適

なのですがこの時期は外気温との差が大きく 私も体調を崩し気味です。皆さんも暖冬だからと油 断せずご自愛ください。

 

株式会社フェイバリット  神道

お問い合せ・ご相談はお気軽にご連絡ください!00-0000-0000

メールでのお問い合わせはコチラ

物流コンシュルジュへ相談

お申し込みはコチラ

役立つマニュアル無料ダウンロード

フェイバリットのメディカル物流サービスとは

医療機器事例

化粧品事例

医薬外部品事例

体外診断用医薬品事例

お取り扱いできる商品について

作業内容紹介

倉庫紹介(BCP対応)

Q&A