株式会社フェイバリットは、東京都昭島市に本社を持ち、メディカル物流サービスを展開する会社です。

042-843-8445

お問い合せ

HOME > ブログ > 腰痛対策~医療機器・化粧品・医薬部外品・医薬品の物流・倉庫・流通加工ブログ~

ブログ

2017/01/17

腰痛対策~医療機器・化粧品・医薬部外品・医薬品の物流・倉庫・流通加工ブログ~

みなさん、こんにちは。業務推進室の樋口です。

先週の土曜、日曜日は寒かったですね~。私は多摩地区に在住ですが

最低気温が-2℃まで下がりました。

年末年始は暖かい日が続きましたが本格的に冬将軍の到来と言ったところでしょうか。

 

実は私、腰痛持ちで寒い日は腰痛に悩まされます。なので冬場はコルセットなどを

巻くこともしばしば。今持っているコルセットは整形外科で勧められたものですがこれも

医療機器なんですよね。

コルセット以外にも絆創膏、眼鏡など普段意識していないものでも“実は医療機器”ということが

よくあります。

コルセットは通販などでもよく見かけますが、やはり医療機器承認番号がひっそりと書かれていますね。

医療機器である以上、保管・出荷はきちんと製造業を取得しているところでなければいけませんね。

弊社では製造業の取得は勿論のこと、腰痛の方の辛さまでわかるスタッフがおります(笑)ので

何かお悩みが御座いましたらご相談ください。

 

——————————————————————————————————————

◆【無料】マニュアル大公開

薬事対応物量倉庫えらびに役立つマニュアルを大公開!

①「薬事対応物流会社のえらび方5つのポイント」マニュアル

②薬事関連企業様の物流調査レポート2016

詳細はこちら・・・ページを開く

 

◆東京メディカル物流センターでは医療機器・化粧品・医薬部外品・医薬品に関するさまざまなサービスを

提供させていただいております。併せてこちらのページもご覧ください。

東京メディカル物流センターとは・・・ページを開く

東京メディカル物流センター拠点紹介・・・ページを開く

解決事例①:精密機器なので高い作業品質を保ってもらいたい!・・・ページを開く

解決事例②:少量多品種商品の加工や出荷に対応できない!・・・ページを開く

解決事例③:関東の拠点として、薬事対応倉庫を首都圏におきたい!・・・ページを開く

解決事例④:薬事対応した倉庫を自社で持つにはコストが莫大に!・・・ページを開く

お問い合せ・ご相談はお気軽にご連絡ください!00-0000-0000

メールでのお問い合わせはコチラ

物流コンシュルジュへ相談

お申し込みはコチラ

役立つマニュアル無料ダウンロード

フェイバリットのメディカル物流サービスとは

医療機器事例

化粧品事例

医薬外部品事例

体外診断用医薬品事例

お取り扱いできる商品について

作業内容紹介

倉庫紹介(BCP対応)

Q&A