メディカル物流通信・物流を変える新技術

042-843-8445

お問い合せ

HOME > ニュースレター > 物流を変える新技術【メディカル物流通信・バックナンバーのご紹介】

ニュースレター

2018/08/27

物流を変える新技術【メディカル物流通信・バックナンバーのご紹介】

メディカル物流通信・物流を変える新技術

AIやIOT、ロボットで人手不足や作業負荷の低減

近年はネット通販の急拡大により、人手不足が深刻化している物流業界ではAI、 IoTを活用した新技術で対応しようとしています。

まず、運送業務ではドローンを使 用した宅配、トラックの自動運転など実証実験が行われています。

倉庫業務では 作業者の負担軽減を目的とした作業補助スーツ(パワーアシストスーツ)や作業員 に追従する台車、無人搬送車など

すでに導入されている現場も多数あるようです。 物流施設内の様々な自動化を進める事で繁忙期なら必要人員数の4分の1が削 減

できるとの効果も報告されているようです。その先には人に代わるロボット(入出 庫無人台車ロボット、開梱ロボット、棚卸ロボット)

を導入した、物流センターの自動 化になります。

自動化はメリットも多いですが導入費用が莫大にかかるため本当に それだけの価値があるのか検討が必要です。昨今は時代の流れ

が速いので5年い や3年後には人に代わりロボットが主役になっているかもしれません。

 

 

東京メディカル物流センター物流改善コーナー

改善活動

今回は作業場の環境改善について紹介をします。 改善前の作業場をみると足元に配線コードが散ら ばっているのが良くわかります。

この状況では配線 コードに足をとられるなど事故も考えられるのと作業の 都度配線を引き直すなど作業効率が悪かったため 改善後

のように延長タップを追加して配線コードをま とめるようにしました。このように作業環境を改善する 事で作業効率のUPと作業

スタッフの安全を確保し、 5S活動にもつながります。私たちフェイバリットは日々 改善を行なっています。

 

 

こんな問い合わせいただいております

 

問い合わせ内容~健康食品眼メーカー様~

健康食品10品目ほどを輸入販売していますが保管&在庫管理、ロット管理、 温度管理をお願いしたい。今後はECサイトを使用した

販売を考えているが出 荷など対応可能か、今年の11月頃にスタートする事は出来るかを知りたい。

東京メディカル物流センターからのご提案

弊社では複数の物流センターを所有しているためお客様のニーズに沿ったセンターを ご紹介する事が可能ですので今回のお問い合

わせに対しては3か所ご提案させていた だきました。在庫管理に関してはクラウド型在庫管理システム(WMS)を導入いているの で

お客様にもリアルタイムに在庫を確認していただける事をお勧めしました。出荷に関し ても当日出荷指示、当日発送も可能ですし、

各種配送業者と契約していますので全 国配送対応可能です。11月スタートに関しても経験豊富な人材が多数いますので十 分に可能

とお返事させていただきました。

また、問い合わせ内容以外でもセット組み、 シュリンク包装、ラベル貼付など流通加工の対応もご提案させていただきました。

 

 

担当者からの一言

この時期は雨が降り肌寒い日、ムシムシ暑い日があったり と体調管理が難しいですね。みなさんも、熱中症には気を 付けて下さいね。いやな梅雨ですが明ければもうすぐ、 夏休みですよ。皆さん、頑張ってお仕事しましょう。

因みに私の夏休みは家族サービスの予定です。

 

 

株式会社フェイバリット  吉原

お問い合せ・ご相談はお気軽にご連絡ください!00-0000-0000

メールでのお問い合わせはコチラ

物流コンシュルジュへ相談

お申し込みはコチラ

役立つマニュアル無料ダウンロード

フェイバリットのメディカル物流サービスとは

医療機器事例

化粧品事例

医薬外部品事例

体外診断用医薬品事例

お取り扱いできる商品について

作業内容紹介

倉庫紹介(BCP対応)

Q&A