メディカル物流ニュース・物流の効率化

042-843-8445

お問い合せ

HOME > ニュースレター > 物流の効率化【メディカル物流通信・バックナンバーのご紹介】

ニュースレター

2018/08/29

物流の効率化【メディカル物流通信・バックナンバーのご紹介】

メディカル物流ニュース・物流の効率化

自動化で効率を上げて人手不足を解消

近年、物流業界では人手不足が問題視されていますがその中でも輸送に欠かせ ないトラックドライバー不足が深刻です。その対策としてトラックの自動運転化が話 題になっています。

無人トラックが走り回るようになれば、ドライバーがいなくても物 を運ぶ事ができるので潤沢な配送ができ物流効率を上げる事が出来ます。 無人トラックで今一番現実的なのが高速道路の隊列ではないでしょうか。

隊列走行の先頭車両を有人として後続車両はセンサーによって電子的に連結さ せ走行します。

しかし、悪天候時や一般車両への対応など問題が多数あるのも事 実です。

また実際に行われているのが共同配送です。 共同配送とは、コスト削減 のために複数の荷主が同じ運送トラックに共同して商品配送を委託する事です。コ スト削減以外のメリットは納品時間の安定、大口対応、同一地域への配送などにな ります。

共同配送をお勧めする商品は医薬品、日用雑貨、自動車部品などになり ます。

次回は物流倉庫自動化についてお話させて頂きたいと思います。

 

 

 

 

東京メディカル物流センター物流改善ニュース

カット方法の改善

改善前

JANコード貼付と併せて使用するマスキングラ ベルをカットする際、治具を使用し4回カットしていた。(アクリル板の黒線に合わせてカッター使用)

改善後

シュレッダーはさみを購入し、カットする方法に 変更した事で作業時間の短縮に成功。 費用対効果:はさみ代 300円 作業量:一日25枚 8日間で回収、年間¥10.000削減

 

 

 

 

こんな問い合わせいただいております

~問い合わせ内容~ 化粧品メーカー様

国内化粧品メーカー様 現在販売中の製品の売れ行きが良く、自社での二次包装が追い付かない事でフェイバ リットへのアウトソーシングが可能かの相談がありました。

作業内容としては製品への表示ラベル貼り付け、ロット印字、プラスチックケースへのセッ ト組、シールの貼り付け、製品の検品、箱詰めまでの加工をお願いしたいとの事でした。

東京メディカル物流センターからのご提案

クリーンルーム、温度管理、加工機械などの設備が必要とのことから、要望に沿った協力 会社の加工場をご提案させて頂きました。加工量に応じた人員体制で納期を遵守できると いうことと、弊社手配の輸送網で一括納品または個別納品が可能と提案させて頂いており ます。

併せて加工場へは弊社グループ会社から加工機を貸与させて頂き、全ての要求事 項を満たすことが可能となりました。

 

 

 

 

担当者からの一言

暑い夏が長く続きそうで夏バテが心配です。夏バテ防止には十 分な睡眠と栄養を取る事です。

暑くなるとつい、冷たい物が欲しくなりますが胃腸を弱らす原因 にもなりますのでみなさん注意して下さいね。

私もビールの飲み過ぎには注意したいと思います。

 

 

株式会社フェイバリット  吉原

お問い合せ・ご相談はお気軽にご連絡ください!00-0000-0000

メールでのお問い合わせはコチラ

物流コンシュルジュへ相談

お申し込みはコチラ

役立つマニュアル無料ダウンロード

フェイバリットのメディカル物流サービスとは

医療機器事例

化粧品事例

医薬外部品事例

体外診断用医薬品事例

お取り扱いできる商品について

作業内容紹介

倉庫紹介(BCP対応)

Q&A