定温物流にイノベーション!~医療機器・化粧品・医薬部外品・医薬品の物流・倉庫・流通加工ブログ~ | フェイバリットのメディカル物流サービス

042-843-8445

お問い合せ

HOME > ブログ > 定温物流にイノベーション!~医療機器・化粧品・医薬部外品・医薬品の物流・倉庫・流通加工ブログ~

ブログ

2016/06/24

定温物流にイノベーション!~医療機器・化粧品・医薬部外品・医薬品の物流・倉庫・流通加工ブログ~

みなさんこんにちは。業務推進室の新渕(ニイブチ)です。

突然ですが、医薬品・ワイン・野菜・アイスクリーム・魚に共通する物って

なんだかお分かりになりますか?

タイトルでネタバレしてしまっておりますが、定温での倉庫保管や輸送が

必要な商材ということです。

 

倉庫保管については冷蔵倉庫・冷凍倉庫・空調倉庫、輸送については冷蔵車・冷凍車・空調車といった、それぞれ建物や車に設備を有することが求められます。

但し、それらは「必要な時に必要な物を必要なだけ」という概念からは離れており、足りなければ多くの投資が必要になり、多ければ使用されず無駄になってしまうというデメリットがあります。

またこれまであった保冷剤やドライアイスを用いての混載輸送は、効果時間が限られており、途中で交換や追加をする必要がありました。

そこで登場したのが、アイスバッテリーです。

キャプチャ

見た目は保冷剤のような物なのですが、なんといっても特徴が素晴らしいです。

以下はドライアイスとの比較です。

(アイ・ティー・イー株式会社HPより引用)

 キャプチャ

※クリックすると拡大されます。

利用方法はアイディアの数だけあります。

例えば、

・常温品、冷蔵品、冷凍品が混載で長時間でも輸送可能(160時間等)

・医薬品配送時に一定の温度を保つことが可能

・湿度が奪われないため鮮度を保つ商品(野菜、魚等)の輸送に最適

等です。温度が指定出来るというのも強みですね。

 

驚くことに車両への積載や20feetドライコンテナへも搭載することが可能です。

これにより車両からのCO2排出が軽減され、環境への負荷も抑えることができます。

 

弊社では、医療機器、医薬品、医薬部外品、化粧品の対応をさせて頂いておりますが、今後物流での活用を検討しご提案をさせて頂きたいと思います。

使用方法や運用など、気になる点がございましたら弊社までお問い合わせ下さい。

 

 

東京メディカル物流センターでは医療機器・化粧品・医薬部外品・医薬品に関するさまざまなサービスを提供させていただいております。

併せてこちらのページもご覧ください。

東京メディカル物流センターとは・・・ページを開く

東京メディカル物流センター拠点紹介・・・ページを開く

解決事例①:精密機器なので高い作業品質を保ってもらいたい!・・・ページを開く

解決事例②:少量多品種商品の加工や出荷に対応できない!・・・ページを開く

解決事例③:関東の拠点として、薬事対応倉庫を首都圏におきたい!・・・ページを開く

解決事例④:薬事対応した倉庫を自社で持つにはコストが莫大に!・・・ページを開く

お問い合せ・ご相談はお気軽にご連絡ください!00-0000-0000

メールでのお問い合わせはコチラ

物流コンシュルジュへ相談

お申し込みはコチラ

役立つマニュアル無料ダウンロード

フェイバリットのメディカル物流サービスとは

医療機器事例

化粧品事例

医薬外部品事例

体外診断用医薬品事例

お取り扱いできる商品について

作業内容紹介

倉庫紹介(BCP対応)

Q&A