メディカル物流ニュース・喫煙による疾患リスク

042-843-8445

お問い合せ

HOME > ニュースレター > 喫煙による疾患リスク【メディカル物流通信・バックナンバーのご紹介】

ニュースレター

2018/08/24

喫煙による疾患リスク【メディカル物流通信・バックナンバーのご紹介】

メディカル物流ニュース・喫煙による疾患リスク

受動喫煙による健康被害をなくそう!

「受動喫煙による健康被害を確実になくすために厚生労働省案を支持し、 世界で取り組まれている『建物内禁煙』の

実現を願います」。 東京大大学院の教授らが発起人として、医師や研究者、アスリートなどから なる有志が、厚生

労働省で記者会見を行いました。東京メディカル物流セ ンターでも、喫煙は建物外の喫煙所だけにしています。

愛煙家の方々は、ど んどん肩身が狭くなっていくでしょうけど、喫煙は健康に多大な悪影響を及 ぼして、多くの疾患

リスクが高まるので仕方がないでしょうね。

でも、今まで私 が知っている愛煙家の方で、タバコがおいしいと言っていた人は一人くらいし かいません。殆どの人が

単なる習慣で、目的はストレス解消ではないでしょう か。喫煙者を減らすには、ストレス社会からの脱却が一番の特効薬

のように 思います。しかし、こちらも難題です。

 

 

東京メディカル物流センター物流改善コーナー

作業工程の見直し

これは、ある製品の加工作業の 改善事例です。製品Aを11個、 1枚の袋に入れて側面等6か所 をテープで止める作業です。

今 までは、11個を袋に入れたもの を数十個作って、後でまとめて テープ止めしていました。 工数削減対策として、テープ

を止める作業までを、一連の動作で行った場 合どうなるか検証しています。工程分析とそれぞれの工程の工数を把握した所、

1袋あたりの作業時間が96秒⇒76秒に短縮。約18%の削減効果が ありました。工程数の削減も図られ、良い改善が出来ました。

 

 

こんな問い合わせいただいております

問い合わせ内容

最近、医療機器以外の健康食品・化粧品・医薬部外品に関するお問い合わ せが増えてきています。先日お会いした客様は、

「化粧品関係の商材を扱わ れているお客さまで、日本で代理店を立上げ本格的に国内販売を推進した い。

しかし、今後の取り扱い量が解らないので、手始めにどのくらいのスペース を確保すればよいか悩んでいる。

また、流通加工的な加工もお願いしたいが、 ノウハウがない。」というお悩みでした。

東京メディカル物流センターからのご提案

弊社の場合、大手流通業者では難しい少量からの取り扱いが可能で、保管量 に応じて相当規模のスペース・倉庫をご用意致

します。少量からスタートし、取 扱量が増えた時点で使用スペースを再計画し、無駄のない倉庫利用をご提案 いたします。

また、加工ノウハウも豊富なので、様々なケースに対応できます。こ んなことできるの?というお声をお待ちしております。

 

 

担当者からの一言

暖かくなって、物流センター周辺に虫が発生してきてい ます。

ブログにも書きましたが虫を建物の中に入れない 仕組みはありますが、出来ればやっつけたい。アブラム シとテントウムシの

関係の様に、建物周辺の害虫を駆除 してくれる天敵の益虫がいてくれると助かるんですけ ど・・・。

 

 

株式会社フェイバリット  佐藤

お問い合せ・ご相談はお気軽にご連絡ください!00-0000-0000

メールでのお問い合わせはコチラ

物流コンシュルジュへ相談

お申し込みはコチラ

役立つマニュアル無料ダウンロード

フェイバリットのメディカル物流サービスとは

医療機器事例

化粧品事例

医薬外部品事例

体外診断用医薬品事例

お取り扱いできる商品について

作業内容紹介

倉庫紹介(BCP対応)

Q&A