医療機器物流の温度管理
042-843-8445

お問い合せ

HOME > 医療機器 > 医療機器物流の温度管理

医療機器

2018/07/18

医療機器物流の温度管理

皆さんこんにちは。業務推進グループの新渕です。

 

いや、暑いですね!

ここ連日30℃を超え、地域によっては35℃を超える猛暑日を記録しているようです。

 

弊社の医療機器物流の中には、当然ながら温度管理が必要な物もあります。

ちなみに温度管理しているセンターの気温はというと・・・

 

IMG_0181

(見えずらくてスミマセン・・・)

 

19.6℃!

 

 

涼しい!

 

 

快適!!

 

 

むしろ寒い(泣)

 

 

 

この気温だとなかなかセンターを涼しく保つのは難しいのですが、

実はよくある業務用エアコンで冷やしています。

IMG_0184

 

 

皆さんご存知の通り、室内は日光により熱せられますので外気よりも高くなる傾向にあります。

しかしながら弊社では、センター内にいくつか工夫をすることで温度管理することが出来ています。

 

当たり前ですが、温度管理は、第一にお預かりしてる医療機器の品質を守る為に実施しています。

弊社で保管している医療機器は上限が25℃ということもあり、夏場はもちろん24h体制で空調を入れております。

 

もちろん、ロガーで毎時間計測していますので、万が一停電などで逸脱した場合にはすぐ発報メールが飛んできます。

ちなみに休みの日には当該センター長がすぐに飛んできて状況を確認する体制を取っております。

 

また、温度管理はただ測ればよいだけではなく、温度計の校正、設置場所のバリデーションなども必要ですよね。

QMS体制に則って管理運営しておりますので、気になる点などありましたらお気軽にお問合せ下さい。

 

弊社の品管が直接ご案内させて頂きます!

—————————————————————–

◆医療機器物流事例はコチラ

◆弊社倉庫をご紹介いたします

お問い合せ・ご相談はお気軽にご連絡ください!00-0000-0000

メールでのお問い合わせはコチラ

物流コンシュルジュへ相談

お申し込みはコチラ

役立つマニュアル無料ダウンロード

フェイバリットのメディカル物流サービスとは

医療機器事例

化粧品事例

医薬外部品事例

体外診断用医薬品事例

お取り扱いできる商品について

作業内容紹介

倉庫紹介(BCP対応)

Q&A