042-843-8445

お問い合せ

HOME > 医療機器 > 医療機器の保管・配送のプロ~医療機器ブログ~

医療機器

2015/06/25

医療機器の保管・配送のプロ~医療機器ブログ~

みなさんこんにちは。業務推進室の新渕(ニイブチ)です。

 

ブログ初投稿ということで、気合いが入っております。(空回りしないように気を付けます)

これから様々な情報をこのブログでお届けしたいと思います。

毎週新しい情報や状況報告をしたいと思いますので、皆さんどうぞよろしくお願い致します。

 

・・・

 

梅雨も本格化してきましたが、合間に晴れるとなんだか余計に嬉しいですね。

アウトドア派の私としては無性に外に出たくなってしまいます。

梅雨が明けるまではもうひと踏ん張りといったところでしょうか。辛抱です。

 

さて、今日は「医療機器の保管・配送のプロ」ということでコメントしたいと思います。

 

「医療機器の保管・配送のプロ」とは何でしょうか。

 

・・・

 

「アマ」と「プロ」について、以前私の恩師がこんなことをおっしゃいました。

「お客様の求めることをこなすだけではアマチュアの仕事だ。求める以上のことをやるのがプロだ」と。

 

深いです。おっしゃる通りです。

 

フェイバリットで言うと、医療機器の倉庫として「お客様ご指示通りの納期でユーザー様へお届けする」

という業務はできて当たり前であり、プロとしての仕事は「更にお客様にメリットとなること」を価値として

提供できなければなりません。

 

では、お客様の求める以上のこととはなんでしょうか。

 

それは、業種や職種によって、実にさまざまです。

 

例えば、車屋さんに行けば車が買えます。もちろん、車検や保険の対応もしてもらえます。

 

大手ディーラーでは、出先で万が一の際にも、近くの代理店で対応してもらえるのに対し、

個人規模の車屋さんでは、それは難しいと思われます。

料金面はさておき、どちらにメリットがあるかは説明するまでもありません。

但し、これは世の中当たり前になりつつあります。「更にメリットとなること」は営業所それぞれの努力によって

ユーザーは恩恵を受けているかと思います。その恩恵がプロとしての仕事だと思います。

 

では、医療機器の倉庫に置き換えてみるとどうでしょう。

 

自家発電装置で停電時も対応ができるということでしょうか。

荷受・流通加工・保管・配送の一括手配ができるということでしょうか。

防塵・防虫に特化した設備があるということでしょうか。

 

お客様によっては、それらは在って当たり前、すなわち「アマ」の仕事と捉えることもあるかもしれません。

設備にしても、サービスにしても、求める以上の物やサービスはお客様一人一人異なります。

 

お客様のご要望に沿える医療機器の倉庫として、東京メディカル物流センターでは今日もこれからも

業務品質と効率を追求し、「プロとしてできる仕事は何なのか」を日々考えていきます。

 

お客様の問題を抽出し、提案し、解決する。

まずはそこに注力し、皆様のお役にたてるよう精進していきます。

 

まとまりのない文章となってしまいましたが、これからもどうぞよろしくお願い致します。

 

 

業務推進室 新渕(ニイブチ)

 

 

——————————————————————————————————————————–

 

東京メディカル物流センターでは医療機器・化粧品・医薬部外品・医薬品に関するさまざまな

サービスを提供させていただいております。

併せてこちらのページもご覧ください。

 

東京メディカル物流センターとは・・・ページを開く

 

東京メディカル物流センター拠点紹介・・・ページを開く

 

解決事例①:精密機器なので高い作業品質を保ってもらいたい!・・・ページを開く

解決事例②:少量多品種商品の加工や出荷に対応できない!・・・ページを開く

解決事例③:関東の拠点として、薬事対応倉庫を首都圏におきたい!・・・ページを開く

解決事例④:薬事対応した倉庫を自社で持つにはコストが莫大に!・・・ページを開く

 

 

 

 

お問い合せ・ご相談はお気軽にご連絡ください!00-0000-0000

メールでのお問い合わせはコチラ

物流コンシュルジュへ相談

お申し込みはコチラ

役立つマニュアル無料ダウンロード

フェイバリットのメディカル物流サービスとは

医療機器事例

化粧品事例

医薬外部品事例

体外診断用医薬品事例

お取り扱いできる商品について

作業内容紹介

倉庫紹介(BCP対応)

Q&A