株式会社フェイバリットは、東京都昭島市に本社を持ち、メディカル物流サービスを展開する会社です。

042-843-8445

お問い合せ

HOME > ブログ > 医療機器についてⅢ ~医療機器・化粧品・医薬部外品・医薬品の物流・倉庫・流通加工ブログ~

ブログ

2015/12/17

医療機器についてⅢ ~医療機器・化粧品・医薬部外品・医薬品の物流・倉庫・流通加工ブログ~

みなさんこんにちは。業務推進室の吉原です。

 

早いもので今年も一年を締めくくる、師走を迎えましたね。

公私共に忙しい日々を過ごされていると思いますが寒くなりましたので体調管理は

しっかりして下さいね。

私の周りにも風邪を引いている方が沢山いますので皆さんも気をつけて下さいね。

私は自己防衛としてマスクを利用しています。皆さんも参考にして下さい。

 

今回はこんな物も医療機器で進めたいと思います。

 

寒いこの季節、肘、膝、腰など関節が痛むこともあると思いますが、そんな時に役立つのが

サポーターではないでしょうか。サポーターの用途としては保温用や関節固定用が一般的かと思いますが中には医療機器に分類される物もあるようです。

静脈血、リンパ液のうっ滞(静脈内などに停滞すること)を軽減予防する効能・効果がある、ふくらはぎに使用するサポーターは一般医療機器のようです。

私の中でサポーターの役割は怪我を予防したり、怪我後の補助的な使用がほとんどでした。

今回、調べて初めて医療機器としての用途も有ることを発見しました。

知らないことが沢山あります。まだまだ、勉強不足ですね。

 

その他にも前回お話しました、コンタクトレンズ(高度管理医療機器)や絆創膏【ばんそうこう(一般医療機器)】、ガーゼ(一般医療機器)、体温計(管理医療機器)、マッサージ機(管理医療機器)、入れ歯安定剤(管理医療機器)、鼻腔用洗浄スプレー(一般医療機器)なども医療機器に分類されるようです。ですが全てが該当する訳ではありません。

 

医療機器は奥が深いですね。これからも日々勉強をしていきます。

 

私たち東京メディカル物流センターはお客様にメリットのある提案が出来るように

日々業務改善を行なっています。

お近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さい。

 

それではみなさん、今年もお世話になりました。良いお年をお迎え下さい。

 

——————————————————————————————————————————–

東京メディカル物流センターでは医療機器・化粧品・医薬部外品・医薬品に関するさまざまな

サービスを提供させていただいております。

併せてこちらのページもご覧ください。

 

東京メディカル物流センターとは・・・ページを開く

東京メディカル物流センター拠点紹介・・・ページを開く

解決事例①:精密機器なので高い作業品質を保ってもらいたい!・・・ページを開く

解決事例②:少量多品種商品の加工や出荷に対応できない!・・・ページを開く

解決事例③:関東の拠点として、薬事対応倉庫を首都圏におきたい!・・・ページを開く

解決事例④:薬事対応した倉庫を自社で持つにはコストが莫大に!・・・ページを開く

お問い合せ・ご相談はお気軽にご連絡ください!00-0000-0000

メールでのお問い合わせはコチラ

物流コンシュルジュへ相談

お申し込みはコチラ

役立つマニュアル無料ダウンロード

フェイバリットのメディカル物流サービスとは

医療機器事例

化粧品事例

医薬外部品事例

体外診断用医薬品事例

お取り扱いできる商品について

作業内容紹介

倉庫紹介(BCP対応)

Q&A