化粧品の物流と流通加工~化粧品の物流ブログ~ | フェイバリットのメディカル物流サービス(医療機器、化粧品、医薬部外品、医薬品)

化粧品の物流と流通加工~化粧品の物流ブログ~ | フェイバリットのメディカル物流サービス

042-843-8445

お問い合せ

HOME > ブログ > 化粧品の物流と流通加工~化粧品の物流ブログ~

ブログ

2016/02/29

化粧品の物流と流通加工~化粧品の物流ブログ~

みなさんこんにちは。新渕(ニイブチ)です。

さて、世間では桜が咲いたなどのニュースもありますが、桜=花見というような考えを持つ

私は、暖かくなるのが待ち遠しくそわそわしています。

 

花見といえば、食べ過ぎや飲み過ぎなど苦い思い出もお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

かくいう私もその一人です。

最近はそれ用の胃薬やドリンク剤などが多く出ていますが、医薬部外品よりも効果が高い

医薬品も多く出回っています。

商品を選ぶ際、ラベル裏面を見ると医薬品は第2類、第3類など記載されていますので、参考までに

ご覧になってください。実際に飲んでみると効果は違いますよ。

 

 

前置きが長くなってしまいましたが、薬機法では医療機器・医薬品・医薬部外品・化粧品を

保管する際の構造設備については簡単に触れられていますが、具体的に「どの設備を」「どれくらい」

というのは書かれておりません。

というのは、それぞれ薬事対応が必要な要件が異なり、商材によっては保管環境や作業環境が全く違うという

のが理由の一つとしてあるのではないでしょうか。

 

例えば肌に触れる化粧品の代表であるファンデーションなどは、消費者が手に取ったとき埃が

ついていたら誰も購入しなくなってしまいます。そこで消費者の視点に立って考えると、虫が入らない・

埃が入らないなどの要件を満たす構造設備が必要となってきます。

 

物流拠点である倉庫に必要な構造設備といえば二重シャッター、ペストコントロール、

エアシャワー等が挙げられます。

流通加工においてはパーテーションで区切った専用のエリアなども必要となります。

 

私共東京メディカル物流センターでは、運用検討に際しては十分にヒアリングさせて頂き、

品質・効率等の多方面からメリット・デメリットを考え、最適な運用をご提案させていただきます。

 

弊社には他にもさまざま設備がございます。

ぜひ一度、倉庫見学に訪れてみてはいかがでしょうか。

いつでもお待ちしております。

 

 

 

——————————————————————————————————————————–

東京メディカル物流センターでは医療機器・化粧品・医薬部外品・医薬品に関するさまざまな

サービスを提供させていただいております。

併せてこちらのページもご覧ください。

東京メディカル物流センターとは・・・ページを開く

東京メディカル物流センター拠点紹介・・・ページを開く

解決事例①:精密機器なので高い作業品質を保ってもらいたい!・・・ページを開く

解決事例②:少量多品種商品の加工や出荷に対応できない!・・・ページを開く

解決事例③:関東の拠点として、薬事対応倉庫を首都圏におきたい!・・・ページを開く

解決事例④:薬事対応した倉庫を自社で持つにはコストが莫大に!・・・ページを開く

お問い合せ・ご相談はお気軽にご連絡ください!00-0000-0000

メールでのお問い合わせはコチラ

物流コンシュルジュへ相談

お申し込みはコチラ

役立つマニュアル無料ダウンロード

フェイバリットのメディカル物流サービスとは

医療機器事例

化粧品事例

医薬外部品事例

体外診断用医薬品事例

お取り扱いできる商品について

作業内容紹介

倉庫紹介(BCP対応)

Q&A