化粧品と危険品の保管倉庫について|株式会社フェイバリット

お問い合せ

採用情報

0800-555-8925
HOME > ブログ,化粧品 > 化粧品と危険物の保管倉庫について|株式会社フェイバリット

ブログ、化粧品

2019/04/22

化粧品と危険物の保管倉庫について|株式会社フェイバリット

化粧品と危険物について

%e8%96%ac%e5%93%81

皆さんこんにちわ。

フェイバリットの田部です。

 

今回は先日ご相談頂きました危険物扱いとなる化粧品の事例をご紹介致します。

 

どのような危険物?

ご相談がありました製品は「香水」です。

香水は油状や個体の香料をアルコール(酒精)で溶解した溶液です。体や衣類につけて香りを楽しむための化粧品の一種です。

そのため成分の70%以上がアルコールとなるため危険品として取り扱いされます。

 

危険物の分類

分類としては「危険物第4類 引火性液体 アルコール類」とされます。

指定数量は400Lとなっています。少量危険物扱いとされるのは指定数量の5分の1ですので80Lの保管量となってしまう

と保管場所の整備や、管理者の配置が必要となります。

 

保管するには?

その場合、保管場所を管轄している消防署へ何をどのくらい保管するか申請をします。

場所についても換気扇の取りつけ、耐火性素材を使用した倉庫、危険品以外を保管しないなどの要件があります。

そして管理者の配置です。

 

例外として

保管量は1つの倉庫に対してカウントされます。少量危険物の量を下回る場合は特別な管理は必要ないとされているようです。

但し、燃えやすい物であることには変わり有りませんので取り扱いには注意をしなければなりません。

当社では倉庫が複数ありますので、保管量を分散させるという提案をさせて頂いております。

但し今後量が増える見込みがある場合は、分散化せず正規の申請や設備準備等を行い保管をさせて頂くご提案をさせて頂きます。

 

 

もしこのような製品の保管を検討されておりましたらお気軽に当社までご相談下さい。

 

 

併せまして下記もご覧ください!

医療機器 包装・保管・出荷作業事例:「精密機器なので高い作業品質を保ってもらいたい!」

化粧品  包装・保管・出荷作業事例:「少量多品種商品の加工や出荷に対応できない!」

体外診断用医薬品物流 解決事例:「薬事対応した倉庫を自社で持つにはコストが莫大に!」

医薬部外品物流    解決事例:「関東の拠点として、薬事対応倉庫を首都圏におきたい!」

フェイバリットのメディカル物流サービスとは

倉庫紹介(BCP対応)

お問い合せ・ご相談はお気軽にご連絡ください!00-0000-0000

メールでのお問い合わせはコチラ

物流コンシュルジュへ相談

お申し込みはコチラ


サービス事例

ブログ

お取り扱いできる製品について

作業内容紹介

倉庫紹介(BCP対応)

役立つマニュアル無料ダウンロード

Q&A

会社概要

福利厚生について

医療機器物流

化粧品物流

医薬品物流

体外診断用医薬品物流

医薬部外品物流

ISO13485