メディカル物流ニュース・人からAIへ。最先端技術の発達。

042-843-8445

お問い合せ

HOME > ニュースレター > 人からAIへ。最先端技術が物流を変える【メディカル物流通信・バックナンバーのご紹介】

ニュースレター

2018/08/29

人からAIへ。最先端技術が物流を変える【メディカル物流通信・バックナンバーのご紹介】

メディカル物流ニュース・人からAIへ。最先端技術の発達。

最先端技術が物流を変える

〈川崎重工業〉

2本の腕で作業を行う双腕型ロボットの販売を開始予定。

〈三菱ロジスネクスト〉

レーザー誘導型無人フォークリフトのラインナップを増やす。

〈大和ハウス工業株式会社、株式会社ダイワロジテック〉

AI・IoT・ロボットを活用し自動搬送ロボットや運行管理システムの導入などによって効率化・ 自動化を推進。

 

多くの企業が倉庫作業者やドライバーなど人手不足をAI・IoT・ロボットなどの 最先端技術で補う計画を進めています。身の回りの仕事をロボットやAIが やってくれる日はそう遠くありません。

新しい技術を投入し物を効率よく且つ 高品質で動かせれば物流業界はますます発展していくでしょう。

 

 

 

東京メディカル物流センター物流改善コーナー

「ありがとう」感謝の言葉で現場を変える

当社では従業員を対象に定期的な勉強会を開催しています。

先日おこなわれた勉強会は「ありがとう」の言葉をテーマに開催されました。 ネスレ日本が行った日常の感謝行為に関する調査によると一日に20回以上 「ありがとう」と言う人は言わない人に比べストレスを感じる割合が少なく幸福 度も高いそうです。

ストレスを感じる事は体を健康に保てなくなる上にイライラしたりやる気が出な かったりと仕事においても影響が出てきます。 ありがとうを言える環境づくりも会社の業務改善です。

感謝の言葉を発する事 は明るく活発な仕事環境を作るきっかけになります。 私も1日20回以上を心掛け、周りの方と良い関係を作れています。

 

 

 

こんな問い合わせいただいております

~問い合わせ内容~ 化粧品メーカー様

現在使用している物流会社から作業料金の値上げ交渉がきている。システム の入れ替えも予定しているのでこの機会に物流会社の刷新と導入予定シス テムで対応してくれる会社を探している。

東京メディカル物流センターからのご提案

お客さまが扱う商品は化粧品で温度管理も必要であり当社にマッチした倉庫が あるのでそちらを提案させて頂きました。 システムにつきましてもお客様が使用されているシステムはもちろんのこと当社 で使用しているシステムでの運用も可能です。 お客様の要望にあわせ最適な環境が整う提案をさせて頂いております。 又、ダイレクトメールの発送やテレフォンアポイントもされているそうなのでカスタ マーサービスの面でも提案させて頂きました。

 

 

 

担当者からの一言

物流業界もAIやIoT、ロボットを活用する時代です。

今まで聞いたことがない用語が飛び交っていて何から勉 強すればよいのかが私の最近の悩みです。

技術は日々進化しています。当社も物流改革の先駆者 となれるように精進してまいります。

 

株式会社フェイバリット  田部

お問い合せ・ご相談はお気軽にご連絡ください!00-0000-0000

メールでのお問い合わせはコチラ

物流コンシュルジュへ相談

お申し込みはコチラ

役立つマニュアル無料ダウンロード

フェイバリットのメディカル物流サービスとは

医療機器事例

化粧品事例

医薬外部品事例

体外診断用医薬品事例

お取り扱いできる商品について

作業内容紹介

倉庫紹介(BCP対応)

Q&A