お問い合せ

採用情報

0800-555-8925
HOME > ブログ > 医療機関でも使ってます。乾燥する季節、加湿器で湿度管理

ブログ

2019/12/16

医療機関でも使ってます。乾燥する季節、加湿器で湿度管理

皆さん、こんにちは。管理部グループの上野です。
寒くなって乾燥する時期になりました。

 

加湿器について

この乾燥は日本の地形的な事や、そもそも暖房で部屋を暖めた事が原因なようです。
弊社でも温度管理、湿度管理を行う場所はありますが、一般家庭では加湿器を使って
乾燥対策を行われているのではないでしょうか。
病院でも医療用の酸素吸入器があり、使用されているようです。
こちらの場合は医療ですので医療機器に該当します。

 

k_image_01

 

加湿器の種類

最近だと、加湿器の種類がいくつかありますが、皆様はどれを使っていますでしょうか。
色々なサイトを見ると利点や欠点が出てきますが、一番わかりやすいのはスチーム式でしょうか。

 

メリット・デメリット

このスチーム式は内臓ヒーターで水を蒸発させて加湿します。
その為、「広範囲に加湿できる」「雑菌が発生しにくい」というメリットがあります。
デメリットとしては、消費電力が高いのと、吹き出し口が熱くなるので気を付ける事でしょうか。
特に小さいお子様が居るご家庭では置き場所を考える必要がありますね。
その他の加湿方法も一長一短ありますので、皆様のライフスタイルに合った物を選んで、
乾燥する時期を乗り切りましょう。

 

物流のアウトソーシングをご検討の方

医療機器を保管する倉庫を探している、物流のアウトソーシングを
検討されていましたら当社までお問い合わせください。

 

お問い合わせページはこちら

 

他のブログページもご覧ください

 

ISO13485取得について

詳細はこちら

医療機器の偉大さを感じる一幕

詳細はこちら

これも医療機器なの?身近にある以外な医療機器

詳細はこちら

お問い合せ・ご相談はお気軽にご連絡ください!00-0000-0000

メールでのお問い合わせはコチラ

物流コンシュルジュへ相談

お申し込みはコチラ


サービス事例

ブログ

お取り扱いできる製品について

作業内容紹介

倉庫紹介(BCP対応)

役立つマニュアル無料ダウンロード

Q&A

会社概要

福利厚生について

医療機器物流

化粧品物流

医薬品物流

体外診断用医薬品物流

医薬部外品物流

ISO13485