メディカル物流通信【第4号】 新春特別号 | フェイバリットのメディカル物流サービス

042-843-8445

お問い合せ

HOME > ニュースレター > メディカル物流通信【第4号】 新春特別号

ニュースレター

2016/01/07

メディカル物流通信【第4号】 新春特別号

【メディカル物流ニュース】
◆2015~2016年 インフルエンザワクチン
今年はインフルエンザワクチンの供給不足が懸念されています。

なぜか、それはインフルエンザ株の決定が5月頃だからで事前に製造することができず、在庫を持つことが難しいようです。

今年からインフルエンザワクチンは従来の3価から4価に変わり、より多くの種類のインフルエンザウイルスによる重症化を防ぐことができます。

今年のインフルエンザはA香港型が多く、B型も流行の兆しが出ている。

最近まで流行していたA型のインフルエンザにはない症状がB型のインフルエンザには出てきます。それがお腹の痛みや下痢といった消化器系にあらわれる症状です。ワクチンが大量に作れて、流通すると良いですね。

【東京メディカル物流センター 物流改善事例】
◆品質改善

私たち東京メディカル物流センターでは品質向上のため、スタッフに対しては教育の一環として、勉強会を実施しています。講義内容は5S活動、QMS運用、生産効率追求、実務等運営方針に連動したテーマを年間スジュールに沿って毎週金曜日に実施しています。毎月最終週には理解度を確認するためのテストも行っています。

このように各スタッフの能力をUPすることで品質の向上を目指しています。

【こんな問い合わせをいただいております。】
◆化粧品メーカー様
輸入化粧品に対して法定ラベルを張り付けたのち保管、配送をお願いできますか?また、保管配送コストを含めた、物流コストの削減をしたい。

とのお問い合わせをいただきました。

◆東京メディカル物流センターからのご提案

化粧品製造業を取得しているので包装、表示など加工はもちろん出荷判定前の製品もお預かりする事も出来ます。

配送料削減に関しても各種宅配業者との契約もありますのでお客様のニーズに合わせ対応させていただきます。

【編集後記】

新年、あけましておめでとうございます。

年末年始、忘年会、新年会等飲む機会が多くなると思いますので飲み過ぎには注意し、体調管理をしっかりして下さいね。

皆様のご健闘とご多幸をお祈りいたします。

それではみなさん、

今年もよろしくお願いいたします。

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
◆ 担当者紹介:吉原 一志(ヨシハラ カズユキ)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

株式会社フェイバリット

業務部 業務推進室

 埼玉県出身

入社2年目の新人ですが日々勉強です。

 座右の銘:努力

 趣味:ゴルフ、ドライブなどなど

————————————————
物流サービスのご案内はコチラ

————————————————

お問い合せ・ご相談はお気軽にご連絡ください!00-0000-0000

メールでのお問い合わせはコチラ

物流コンシュルジュへ相談

お申し込みはコチラ

役立つマニュアル無料ダウンロード

フェイバリットのメディカル物流サービスとは

医療機器事例

化粧品事例

医薬外部品事例

体外診断用医薬品事例

お取り扱いできる商品について

作業内容紹介

倉庫紹介(BCP対応)

Q&A