メディカル物流センター・デジタル技術が倉庫作業を変える

042-843-8445

お問い合せ

HOME > ニュースレター > デジタル技術が倉庫内作業を変える【メディカル物流通信・バックナンバーのご紹介】

ニュースレター

2018/08/24

デジタル技術が倉庫内作業を変える【メディカル物流通信・バックナンバーのご紹介】

メディカル物流センター・デジタル技術が倉庫作業を変える

弊社でも導入しているラベルプリンターは流通加工のラベル作成には欠か せない電子機器ですが IoT(Internet of Things)

を実装した機種がありまし た。複数の拠点で配備している機器を一元管理できるなど素晴らしい機能 を備えているようです。

他社様では、先日の熊本地震の際、被災したユー ザーのラベルプリンターが正常稼働することを確認でき、ユーザーに連絡

で きたそうです。また、製品に貼り付けられたバーコードをハンディーでスキャン 「SCMラベル」を自動作成でき、WMS

と接続することでSCMケースをスキャン すればリストと中身を照合する作業が省略できるそうですよ。このように物流 現場

では欠かせないラベルプリンターもどんどん進化していますね。

 

 

 東京メディカル物流センター物流改善コーナー

品質改善

私たち東京メディカル物流センターでは品質向 上、効率向上のため、スタッフに対しては教育の 一環として、勉強会を実施

しています。講義内容 は5S活動、QMS運用、生産効率追求、実務等 運営方針に連動したテーマを年間スジュールに 沿って

毎週実施しています。毎月最終週には理 解度を確認するためのテストも行っています。今 回は出荷に使用する伝票の理解力を

高めるため の講習内容でした。このように各スタッフの能力 を高めることで品質の向上を目指しています。

 

 

こんな問い合わせ頂いております

問い合わせ内容

ブランド化粧品メーカー様 ブランド化粧品を輸入販売しており、検査後の流通加工(ラベル貼付)、代理 店への納品をお願い

したい。温度管理が必要な製品があるが対応は可能か、 コストはどの位になるのか、また今年の10月頃にスタートする事は

可能かを 知りたい。

東京メディカル物流センターからのご提案

弊社では化粧品製造業を取得しているので包装(セット組み作業等)、表示(法 定ラベル貼付等)はもちろん、出荷判定前の

製品をお預かりする事も出来ます。 また、温度管理は、空調設備が備わっている為対応可能となります。詳細条件 をお伺いし、

商品に最適な保管方法を提案させて頂きます。 コスト、スタート時期については詳細ヒアリング後になりますが、代理店への

納品 の配送料などは各種配送業者との契約もあり、ご希望にそえる提示ができると 思います。

 

 

担当者からの一言

この時期は雨が降り肌寒い日、ムシムシ暑い日があったり と体調管理が難しいですね。みなさんも、熱中症には気を 付けて下さ

いね。いやな梅雨ですが明ければもうすぐ、 夏休みですよ。皆さん、頑張ってお仕事しましょう。 因みに私は夏休み全く予定が

ありません。

 

株式会社フェイバリット  吉原

お問い合せ・ご相談はお気軽にご連絡ください!00-0000-0000

メールでのお問い合わせはコチラ

物流コンシュルジュへ相談

お申し込みはコチラ

役立つマニュアル無料ダウンロード

フェイバリットのメディカル物流サービスとは

医療機器事例

化粧品事例

医薬外部品事例

体外診断用医薬品事例

お取り扱いできる商品について

作業内容紹介

倉庫紹介(BCP対応)

Q&A