センター内温度管理~医療機器・化粧品・医薬部外品・医薬品の物流・倉庫・流通加工ブログ~ | フェイバリットのメディカル物流サービス

042-843-8445

お問い合せ

HOME > ブログ > センター内温度管理~医療機器・化粧品・医薬部外品・医薬品の物流・倉庫・流通加工ブログ~

ブログ

2016/09/01

センター内温度管理~医療機器・化粧品・医薬部外品・医薬品の物流・倉庫・流通加工ブログ~

こんにちは。
東京メディカル物流センターの佐藤です。
9月に入りましたが、まだ残暑が厳しいですね。
ヒートアイランド現象もあって、このあたりもかなり暑いです。
こんな時は、やっぱり昔ながらの打ち水でしょうか。
打ち水は、涼しく感じられるだけでなく本当に涼しくなります。
水が蒸発するときに熱を奪う”気化熱“ってやつですね。
2℃~3℃くらいは下がるはずです。
そして、打ち水に使う水は、水道水ではなくお風呂の残り湯や、雨水タンクなどの溜置の水を使いましょう。
近年では家の中でも熱中症になる事があります。
室内の温度管理と水分補に十分注意してください。
ちなみに、医療機器やその消耗品は、温度管理が必要な製品も多くあります。東京メディカル物流センターでは、冷蔵室での保管製品以外でも温度に弱い製品を保護する為、土日も含め終日冷房運転をしています。
エアコンの吹き出し口は約80㎡に1か所あり、それぞれに温度設定が出来る様になっていますので、きめ細かな温度設定が可能です。
温度に弱いデバイスや装置・消耗品関係も安心してお預けいただけます。
まずはご一報を頂ければ、お打合せに伺います。
是非、お問い合わせください。

—————————————————————————————————-

東京メディカル物流センターでは医療機器・化粧品・医薬部外品・医薬品に関するさまざまな

サービスを提供させていただいております。

併せてこちらのページもご覧ください。

東京メディカル物流センターとは・・・ページを開く

東京メディカル物流センター拠点紹介・・・ページを開く

解決事例①:精密機器なので高い作業品質を保ってもらいたい!・・・ページを開く

解決事例②:少量多品種商品の加工や出荷に対応できない!・・・ページを開く

解決事例③:関東の拠点として、薬事対応倉庫を首都圏におきたい!・・・ページを開く

解決事例④:薬事対応した倉庫を自社で持つにはコストが莫大に!・・・ページを開く

お問い合せ・ご相談はお気軽にご連絡ください!00-0000-0000

メールでのお問い合わせはコチラ

物流コンシュルジュへ相談

お申し込みはコチラ

役立つマニュアル無料ダウンロード

フェイバリットのメディカル物流サービスとは

医療機器事例

化粧品事例

医薬外部品事例

体外診断用医薬品事例

お取り扱いできる商品について

作業内容紹介

倉庫紹介(BCP対応)

Q&A