この時期思わぬ日焼けにご用心~医療機器・化粧品・医薬部外品・医薬品の物流・倉庫・流通加工ブログ~ | フェイバリットのメディカル物流サービス

042-843-8445

お問い合せ

HOME > ブログ > この時期思わぬ日焼けにご用心~医療機器・化粧品・医薬部外品・医薬品の物流・倉庫・流通加工ブログ~

ブログ

2017/05/24

この時期思わぬ日焼けにご用心~医療機器・化粧品・医薬部外品・医薬品の物流・倉庫・流通加工ブログ~

皆さん、こんにちは。業務推進室の神道(じんどう)です。

このところ急激に気温が上昇し、先日群馬の館林市では最高気温35度を記録しています。この時期は運動会やアウトドア等野外で過ごすことも多いと思いますが、少し日向にいた程度でも結構腕や顔が赤くなった経験はありませんか?真夏ほど暑くないので気が付かないうちに日焼けが進みますので注意してくださいね。

紫外線は5月が一番強いと言われてますので日焼け対策も必要です。紫外線はUVA、UVBと大きく2種類ありますが前者は肌を黒くする作用があり老化を促進します。後者は,肌が赤くなりひどくなると水泡ができ火傷状態になります。

日焼け防止には日焼け止め化粧品が効果的です。紫外線を反射して日焼けを防ぐタイプと紫外線を吸収して日焼けを防ぐタイプがあります。

日焼け止め化粧品を選ぶ際はその効能によりUVA防御にはPA+~PA++++、UVBはSPF2-50までの数値で表され数値が大きいほど効果があります。日常の散歩や外出程度ならPA+~++、SPF10-20程度、炎天下でのレジャー、マリンスポーツではPA+++以上、SPF30以上が目安になります。

日焼け止め化粧品は女性が使うイメージがありますが男性用も存在します。皮脂分泌コントロール剤が含まれていたり、白浮防止のための配色や香料等が男性向きになっているそうです。日焼けのダメージは男性でも関係なくありますので男性も日焼け止め化粧品を使ってみては如何でしょう。

東京メディカル物流センターでは皆様の大切な医療機器、医薬部外品、化粧品等を最適な環境でお預かりしています。通常の倉庫では中々受けてもらえないような特殊な対応も弊社では前向きに対応させていただきます。以下のお役立ち情報もありますのでご活用ください。

 

◆東京メディカル物流センターでは医療機器・化粧品・医薬部外品・医薬品に関するさまざまなサービスを提供させていただいております。

併せてこちらのページもご覧ください。

東京メディカル物流センターとは・・・ページを開く

東京メディカル物流センター拠点紹介・・・ページを開く

お問い合せ・ご相談はお気軽にご連絡ください!00-0000-0000

メールでのお問い合わせはコチラ

物流コンシュルジュへ相談

お申し込みはコチラ

役立つマニュアル無料ダウンロード

フェイバリットのメディカル物流サービスとは

医療機器事例

化粧品事例

医薬外部品事例

体外診断用医薬品事例

お取り扱いできる商品について

作業内容紹介

倉庫紹介(BCP対応)

Q&A